不倫現場の押さえ方

旦那さんの浮気癖に耐えられなくなった奥さんは、いよいよ離婚の二文字を思い浮かべることとなります。
今まで散々苦しめられているので、奥さんとしてはがっちり慰謝料を取り、旦那さんを思い知らせてやりたい!と思うでしょう。
ですので、裁判で確実に勝てる証拠をそろえたいところです。
ところが、旦那さんは携帯電話を肌身離さず持ち歩き、前の浮気が原因で寝室も別になったことで、携帯電話を盗み見て
相手の女性が誰なのか、メールや写真など、離婚理由の証拠になるようなものを手に入れるチャンスがありません。
そうなってしまうと、誰かの協力を得て不倫現場の写真でも撮るのが一番です。
その場合、思い浮かぶのは浮気調査をしてくれるプロにお願いをすることですが、できればお金をかけたくないと思うのならば、
奥さんがそれをやるより他はありません。
協力してくれる友達がいるのならば、一緒に張り込みをして別角度から写真を撮ってもらうのもいいでしょう。
写真を撮るのが失敗することも考えられますから、念のためにということでもあります。
張り込みとなると、奥さんが外泊をするという偽装をしましょう。
突然外泊となるよりも、何日も前から○日にいなくなるという予定を作っておくのがいいでしょう。
例えば同窓会の案内状を作り、それを旦那さんの目に留まるようなところに置いておくのです。
すると、「同窓会あるんだ。行ってくれば?」と旦那さんの方から外出を進めてくれるかもしれません。
当然、旦那さんもその日に相手の女性に会う計画を立てるでしょう。
あとは当日、旦那さんよりも先に家を出て、旦那さんが出かけるのを待つのです。
そして、ホテルなり女性の家になり行き、きっと泊まりとなるでしょうから、出てくるのを待って写真を撮るのです。
その写真は、裁判に有効な証拠となります。不倫相手からも慰謝料を取ることもできるかもしれませんよ。

Post Author: 藍田 夢希